おっぱいを揉むことを人生の目標すると、人間はどのように成長出来るのか

おっぱい。

それは世界の男の人生において、欠かせない物と断言できる。

日々の疲れを癒すとともに、今後生きる上での活力を与える。

赤ちゃんだけでなく、80歳のおじいちゃんまで、おっぱいが生活の基盤という場合も少なくないだろう。

今日はおっぱいを揉むことを人生の目標にすると、一体どうなるのか?

人としてどう成長できるのか?

そういった事について考えてみた。

おっぱいを揉むには、お金が必要になる。

赤ちゃんの場合は、無制限におっぱいが揉める。

また男の場合でも、6歳ぐらいまでなら冗談でおっぱいを揉むことも可能だろう。

未就学児なら女湯の銭湯に入る事も可能だし、手違いで触れてしまっても事件になることはほとんどない。

 

だがどうだろう。

成人を迎えてしまった場合は、無条件でおっぱいが揉めるなんてことは、まあ無い。

おっぱいを揉むには、それ相応の金銭が必要になるのだ。

 

彼女を作るもよし、風俗に行くも良し、キャバクラにいってお金を注ぎ、アフターで揉むもよし。

結局は、おっぱいを揉むにはお金が必要になる。

 

つまり、おっぱいが揉みたくて、頑張って仕事をしている、お金を稼いでいる人間は、この世にごまんと溢れている。

おっぱいが存在するからこそ、欲求が沸き起こるからこそ、この世の中は回っていると言っても、決して過言ではないのだ。

自分専用のおっぱいが欲しくなると、人は結婚をする。

最近は育児に協力的なイクメンといった言葉が出てきたり、ATM扱いされても結婚をする男性がいたりする。

その大きな理由は、自分専用のおっぱいが欲しいからだ。

 

寝ても覚めても、いつでもおっぱいを揉むことができる。

家にいながらにして、おっぱいを楽しむことが出来るのは、結婚している人の特権だ。

「このおっぱいを自分専用にしよう」

そういった思考が、デメリットばかりの結婚生活を支えている現状がある。

おっぱいを揉むには、外見を磨かなくてはならない。

ただ結婚、お付き合い、キャバ嬢をくどくといっても、全てに共通することがある。

お金は勿論だが、外見を磨かなくてはならないというものだ。

 

歳をとれば、見た目の重要さは少しずつ減っていくが、見た目は必要。

20代などの若年層であればそれは尚更だ。

 

お金がどれだけあっても、自分だけのおっぱい、良質なおっぱいを手に入れるには、容貌レベルが物を言うわけだ。

 

ブサイクな男にはおっぱいを手に入れることは出来ない。

フケがもっさり溜まっていて、清潔感のない男性は、おっぱいを揉めない。

 

おっぱいを揉みたかったら、外見レベルを上げろという暗黙の了解が、SNSなどではびこっているのだ。

 

金銭と外見を求めると、人生は有意義なものに変化していく。

お金とルックスを手に入れると、周りの反応が顕著に変わっていく。

自分からおっぱいを揉ませてあげるといった誘惑が、あちらから転がって来るのだ。

 

努力をしなくても、ただ存在しているだけでおっぱいを揉めるチャンスに行きつく。

今までの、おっぱいが揉みたいからと自発的に努力してきたものが、ようやく実るということだ。

 

おっぱいが揉みたくて、それ相応の進化を求めると、結果的におっぱいが手に入る。

おっぱいを揉みたいと思うほど、おっぱい以外の幸せが手に入るのが、この人生。

 

余談だが、最近はおっぱいを揉めていない。

非常に残念だ、生きる活力を失っている。

 

おっぱいはいずこ。

ピーピングアイズ入会は待って!安全な退会方法と割引クーポンコード